第1回  F1と固定種

◆◇先祖伝来の「手種」を探そう◇◆
「たねはどうしていますか?」
畑で作業しているおばぁちゃん、道端で雑草を積んでいるおばぁちゃんを見ると、ついこう話しかけてしまいます。
京都の山間部では、自家採種の種のことを「手種(てだね)」と呼んでいます。
米作りは代々男が、そして、野菜作りは嫁の仕事でした。手種は、母から娘へ故郷の味を忘れないよう嫁入り道具として持たせたものだったのです。

こうして、各地で代々守り継がれてきた昔野菜の種は姿を消しています。
手種を採っている農家さんはほとんどなく、山間部の村で自給用にひっそりと受け継がれているばかりです。野菜の種の自給率は10%以下なのだそうです。

「手種を探しているんです。」
おばぁちゃんに話しかけると、どこどこの誰が昔から何を作ってたよ、と教えてくれます。その種はもうなかったり、最後の1軒に残っていたり。どこかの畑の片隅で今も受け継がれる種は、もしかしたら、あなたが見つけてくれるのを待っているかもしれません。

CIMG1658

◆◇F1のメリット、固定種のメリット◇◆
「F1(一代交配種)」とは、異なる親を交配させて、いいとこどりしたもの。種袋には、「〇〇交配」とか「一代交配」と書かれています。両親に比べてより生育が旺盛で、抵抗力が強く、収量も高くなります。これを「雑種強勢」と呼んでいます。雑種強勢は一代かぎりで、F1から種を採るとばらつきがでてしまいます(図1)。「固定種」は、代々形質が変わらず固定されてきたもので、その株から種を採っても両親とそっくりな子が生えてきます。

遺伝図

図1 F1はすべて同じ形質にそろうがF2ではばらつきがでる

F1は種を毎年購入する必要がありますが、それでも、F1の種は揃いがよく、収量が高いので、手種を採るよりも買った方がずっと効率がいいのです。子F1は、日本の農業を大きく前進させた技術でもあります。一方で、F1技術の普及は、非効率でお金にならない在来野菜を駆逐してしまいました。

昔は、今のように簡単に種を買うことができませんでしたから、栽培される野菜の種類も少なく、1つの村では、みんながおなじ品種の野菜を作っていました。長い年月を経て、その地になじんだ特徴のある在来野菜が生まれてきたのです。多様なご当地野菜ならではのお料理方法があったり、保存食があったり、豊かな文化の一部となっていました。全国一律のものにはない、その地のストーリー、味が売りとなり、個性的なご当地野菜の魅力をもう一度見直そうという動きが今、全国でおこっています。

◆◇F1はどうやって作られる?◇◆
F1のたねとりを見たことがありますか?ちょっと興味ありますよね。
採種農家さんを訪ねると、ビニールハウスにキャベツやハクサイなど1種類の作物がずら~っと並んでいます(図2)。苗は種苗会社の職員が配達し、雄株と、雌株が交互に植えられます。どっちを雄株にするか、雌株にするかで結果に違いがでるようです。

F1の種は、だいたい交雑の危険が少ない山間部で作られています。山間部は不審者が入ってくると目立ちやすく、企業秘密を守る上でも都合がいいのです。ハウスに並ぶ野菜の札は番号で書かれ、育てている農家さん自身もどの銘柄になるのか知らないのだそう。

「たねとり用栽培には農薬の制限がないんです。」
某種苗メーカーの契約農家さんが話してくれました。種苗会社から普通の栽培作物の規定を超えた農薬を使うように指導されているといいます。有機JASの認定を受けるには、有機農法で育った種、苗の使用が奨励されていますが、必要条件ではありません。普通栽培よりも長期間かかるたねとりを有機農法で行うことは大変難しいことなのです。

CIMG1485

赤青丸

図2 キャベツ採種の圃場(赤:メス株、青:オス株)

種は信用が命ですから、間違っても違う花粉が混ざってはいけませんし、自家受粉してしまっても困ります。どのようにしてF1を採種するのかというと、植物のタイプによっても違います。

(1)おしべを取り除く(除雄)
ナス科(トマト、ナス、じゃがいも、とうがらし)など、一つの花におしべもめしべもある両性花は、手作業でおしべを取り除きます(=「除雄」)。とっても手間のかかる作業ですが、トマトやナスは、1回の交配で200粒ほど種が採れるのでこの方法で採算はとれます。

(2)自家不和性を利用する
アブラナ科(キャベツ、ハクサイ、カブ)の花を想像してみてください。頑張って交配したところで1回の交配で数粒しかとれませんから、手作業でおしべを抜いていたら割に合いません。「自家不和合性」という同じ系統間では正常に受粉しない性質を利用します。あとは上のキャベツのように、雄と雌を交互に植えてハウス内にハチを放ち受粉してもらいます。

(3)雄性不稔遺伝子を組み込む
雄性不稔とは、おしべに問題があってうまく受精できない植物個体。雄性不稔の株を母株として利用すると、その花粉には受粉能力がないわけですから、別の品種の父株と交互に植えておけば、間違いなく両親の子が生まれます。この雄性不稔の遺伝子は、玉ねぎの突然変異から見つかり、人参やナス、とうもろこし、そして、これまで自家不和合成を利用していたアブラナ科でも実用化されているようです。私たちは突然変異から見つかった遺伝的におかしい野菜を食べていることになります。

◆◇固定種の種を手に入れるには?◇◆
さぁ、自分で食べる分は固定種の種で自家採種しよう!と思っても、種屋さんで売ってる種はF1がほとんど。固定種の種はマイノリティとなっています。先祖代々け継がれてきた種を掘り起こしに山間部に旅する私みたいなのは「変わり種」かもしれません。

一般のみなさんには、たねのうたのサイトにアクセスされたみなさんは恐らくご存知だと思いますが、全国でも珍しい固定種の種やさん、野口種苗さんがおススメです。
http://noguchiseed.com/

ローカルな種を手に入れるためには、各地で開催されている自家採種の種を持ち寄る種苗交換会に参加するという手もあります。いつどこで種苗交換が行われるか知るには、Google Alertで、「種苗交換」などのキーワードを登録しておくと、全国のイベントがアップされた時点で自動的にお知らせが届くので便利です。

◆◇種苗法違反は懲役か罰金?!◇◆
ただ、気をつけないといけないのは、種苗交換会で出された種のルーツは知る由もないということです。もしかしたら、種苗登録されているものから採種しているかもしれません。
日本では、登録種苗から個人的に自家採種することは認められています(海外では違反となる場合があります)が、無償であっても他人に配布したり、無断譲渡を受けた種を使うことも法律違反になるので要注意です。簡単に言うと、F1の種から自家採種するのはOK、その種や苗を他人にあげたりするのはNG。訴訟につながる事例もあり、種苗法違反は個人の場合300万円以下の罰金となっています。

その点、野口さんの種は種苗登録の有無を確認して自家採種向けに販売されているようですので安心して使えますね。頭に入れておきたい本当はコワイ法律の知識。種苗法については大事な点なので、また改めて紹介したいと思います。

参考文献
野口勲「タネが危ない」日本経済新聞出版社 2011年
そ菜種子生産研究会「野菜の採種技術」誠文堂新光社 1978年