長岡巾着ナスのレモンジンジャー煮

蒸かすのが一般的な巾着ナスのちょっと珍しいレシピ。冷やして食べると美味しく、キュキュッとした皮の食感も新鮮です。

2014.8.31 シェアするたねの交歓会 ~ShareSeeds&SeedRings~

いのちを育む種(=固定種・在来種)を分かち合い、たねびとが交流し合う交歓会を開催します。 たねBOXにシェアしたい種や購入したけど蒔き切れなかった種、自家採種して採れ過ぎた種、そして皆さんが思い描くこれからの希望のたねについて、有機野菜を食しながら語り合いましょう。

 

○日時: 2014年8月31日(日)“やさいの日”

○内容: たねびとの交流会、たねの交換、 有機農家さんの無農薬お野菜販売

○場所: シェアCafe PolePoleなぎの森(下北沢)

○時間: 12時半~

○参加費:お食事2000円(15時まで)、食事をされない場合は、各オーダー制 ※「お食事は15時まで」は基本ご飯はいつの時間でもオーダーできますが、12時30分~ビュッフェ式に余りにも遅くなってしまわれる方は「各オーダー制」(お食事、スィーツ、ドリンク)

○持ち物:シェアする種(なくてもOK)、リサイクル封筒などあれば

 

 

2013/07/20 万福寺ニンジンのたねとり会

相模湖の近くにあるすどう農園さんと、万福寺ニンジンのたねとり会を開きました。 このイベントを開いたきっかけは今年の2月、西新橋のレストランでのこと。須藤さんの食材を使ったランチ会に参加したところ、「万福寺三尺ニンジン」と […]

実は・・・

2013年7月17日

実は、、、 大根のたねとり、失敗しておりました。 5月22日。大根を植えていたところの近くに住んでいる友人から連絡が。。。   「刈られてるよ」   実は、とある大学の人気のないところでこっそりと挑戦 […]

先日、「ガンジーに学ぶ、糸紡ぎと非暴力コミュニケーション」というお話会に参加してきました。講師は、片山佳代子さん。ガンジーが目指した真の独立について、講演や糸紡ぎのワークショップなどを通して伝えていらっしゃいます。

お話の中で印象的だったのは糸を紡ぐことの意味。ガンジーは非暴力の象徴として、糸車をまわし手織りの服を着ることを主張しましたが、それは単にイギリス製衣類のボイコットではなく、農業や手仕事のような肉体労働を軽視するようになった人々の「怠惰へのボイコット」だったそうです。また、世の中は人の心のあらわれであるから、世の中をよくするための心の浄化の時間、怒りをおさめ自分を顧みる時間であると考えていたとも。

私も糸紡ぎを体験しみて、、、確かにこれは心が穏やかでないとできない作業だと思いました。注意がそれると糸の太さが変わったり、余計な力が入ると切れてしまう。ひと回しひと回しがより良い社会につながると信じて、静かに糸を紡ぎ続けた方々の姿勢に学ぶことは多いですね。

そして綿花と言えば。私たちたねのうたは以前に綿花畑を訪れたことがあります。その美しさ、綿がむくりと飛び出した実を手にしたときの嬉しさといったら。野菜と比べて、衣類が種からできるということはイメージしにくいのですが、今回、綿を糸にする作業をほんの少し体験することで、その感覚をより強く持つことができました。

5m四方の土で育てた綿花で、一着の服ができるとのこと。まずは自分でも綿花を育ててみたい。5月が種まきの時期だそうです。

たねうたのいろいろ

No.01 つるのこ芋

在来野菜の個性を楽しみ、美味しい食べ方を自由に探る「たねうたラボ」。第1回の食材は阿蘇からやってきた「つるのこ芋」です。

第2回  始めるならどれ?~たねとりの難易度

ホウレンソウの花を見たことがありますか?かぼちゃやトマトの花はあると思いますが、ニンジンやキャベツ、小松菜は?もちろん、花は咲きます。さて、たねとりをするならば、どれから始めるのがいいでしょうか。

よへいろん 小林明日香さん

久しぶりのつなぐひとびと。そろって新潟に戻ってきたちゆきちゃんと私いけまりが、県内の農園「よへいろん」さんを訪れました。 私たちを迎えてくれたのは、やわらかな雰囲気のするあすかさん。5ヶ月の女の子・詩和ちゃんを育てながら […]

越後のやさい旅(2)新潟の盆市と自家採種

ごぶさたしてます。 たね畑のちいさんぽ、今回は、畑ではなく、新潟の盆市を紹介します。 タネを採りつづけること。 それは、お金には変えられない価値。 タネは母から娘へ受け継がれ、料理や暮らしを次世代に伝える生きた文化財なの […]

さいとうちゆき
料理たんとう
(新潟在住)

いけだまりこ
つなぐたんとう
(新潟在住)

まえだちさと
たねとりたんとう
(京都在住)